concept

TOTTORI LIFE

鳥取の気候風土に合う上質な暮らし

家は、モノではありません。どこに建てても、誰が暮らしても、同じ家から同じ満足を得られるわけではないのです。建築デザインとは、間取りを決め図面を描くことではなく、未来へと続く幸せな暮らしを書き出すことなのだと思います。その人のためだけに、その敷地を活かすプランやデザインを熟考し、イメージした空間に最適な構法を選び、熟練の職人が魂を込めてつくる。それがイトケンホームの精神です。私たちは、誇りとする地元鳥取・東伯地域の伝統、日本人のDNAに残る美意識・価値観を継承した住まいを、安心の設計施工一貫体制やデザイン開発で地域の皆様にご提供致します。

TRAD and NEW

伝統と革新

国内外に限らず、いいものはいい、好きな物は好き、という“個性”の時代。伝統を守る事を重んじながら、単なるノスタルジーではなく、現代の暮らし方を考えながら、時代のニーズやウォンツをキャッチしたご提案を行なっております。ハウスメーカーの商品住宅に代表される工業製品の様な画一的なものではなく、お客様自身の完成や嗜好性にぴったり合うご提案を、豊富な経験と知識を背景に、ご提供したいと考えております。「鳥取の暮らしは素敵ですね」と皆が憧れる様な、新しいローカルスタンダードになり得るデザインクオリティを目指します。

NATURAL BEAUTIFUL

美しさと耐久性のある自然素材の家づくり

最近いつ、木や土や石に触れましたか?太陽の温もりを蓄えた感触が指先から伝わり、心と身体をじんわり包み込むことでしょう。もしも、森林浴の心地よさや、緑と戯れる爽快感など“自然の癒し”を住まいに取り入れられたら…。そんな願いも、素材選びで叶えることができます。素肌に心地よい無垢な木、重厚で美しい天然石、柔らかな風合いの塗り壁など、良質な素材で付加価値のある空間を生み出します。さらに、紙、ガラス、タイルなど多彩な素材を組み合わせ、洗練と個性が際立つ住まいをコーディネートいたします。

PASSIVE DESIGN

パッシブデザイン

「パッシブ」とは、「アクティブ(能動的)」の対義語で、受動的という意味です。パッシブデザインとは、エアコンなどの機械使わず、太陽の光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま受動的に利用して、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。自然の光や風を上手に活用して室内を冬あたたかく、夏すずしくするため、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしが実現することができます。冬の日中は、できればエアコンの暖房より陽だまりの暖かさで暮らしたい。また、さわやかに晴れた日は、家の中を通り抜ける心地よい風があって欲しい。そんな自然にある快適さを最大限に活かしたパッシブデザインの住まい。「快適は“機械”ではなく“建築”でつくる」それが、私たちItokenHOMEのデザインポリシーです。